不動産売却のアドバイス

売れる価格を設定する

不動産の売却には必ず、売り手と買い手がいます。売り手は高く売却したい。買い手は安く購入したいという状況に置かれています。不動産売却に伴う、価格の設定で「とりあえずこのぐらいで。」と少し高めの価格で設定すると、インターネットや広告からの問い合わせが減少します。また少しづつ金額を下げていくのも足元を見られがちで有効的とは言えません。今は、インターネットの普及により売却する側も購入する側も相場観が持てる時代です。不動産の専門家に売却の事例を聞き売れる価格を導き出すのが良いでしょう。

不動産は情報と理解する

多くの人たちは、不動産を売却する。とお考えですが実は不動産というのは「情報」です。
売地の看板や広告に掲載されて初めて売りにでるとわかるものです。情報で一番大事なのは鮮度です。新しい情報は価値が高くなり、古い情報は価値が少なくなります。そこで当センターでは、売出しから3ヵ月以内の売却を目指しております。不動産の売出しは最初が肝心です。売れ残った物件は2割引き、3割引きと価格が下げて売却しているケースがとても多く見られます。

自分達にあった売却プランを選ぶ

不動産の売却には大きく二つの売却パターンがあります。

仲介と買取です。(詳しくはこちら
仲介は、市場価格での販売が可能ですが売れる時期は約束されてません。
買取は、多少安くなりますが不動産会社がすぐに買取ります。
お互に一長一短のところがありますが所有者の方によってベストの選択は違いますので
自分達には何が一番合っているのか?相談のもと意思決定して頂けるとよいでしょう。

問い合わせ状況を確認する

販売活動をしている中で、問い合わせが何件ぐらいきているか、市場の反応はどうか?
定期的に打合せをしましょう。場合によっては金額が高く問い合わせが全くないとなれば金額の修正も必要になるかもしれません。私たちは「お客様の問題解決のパートナーです」
お気軽に相談してください。

無料相談・お問い合わせフォームはこちら

Copyright©2013-2014 nigata-satei.com all rights reserved.